歌う琉球サンバユニット”宮城姉妹”


<宮城姉妹プロフィール>

那覇市出身。本籍(両親のルーツ)は大宜味村。一つ違いの実の姉妹。
2012年、ブラジルのサンバカーニバルにて日本人初の姉妹パシスタ(女性花形ダンサー)として出演した宮城姉妹が「沖縄とブラジルの懸け橋になろう」そんな思いで立ち上げた歌と踊りで、沖縄から元気を発信する姉妹ユニット。ブラジルのカーニバルで感じた思いを宮城姉妹の妹yayoが歌詞に綴り、県出身シンガーソングライターの石川清貴が音楽プロデュース。
2013年6月にシングル「オキナワンカーニ バル」でCDデビュー。沖縄を代表するバンド”BEGIN”のブラジル音楽メドレー「マルシャ・ショーラ」のダンサー、ダンスプロデューサーとしても活動。県内だけでなく、県外やブラジルでもLIVEやメディア出演を行う。歌手、タレント、ダンサー(ダンスプロデューサー)としてマルチに活躍。

<宮城姉妹の歩み>


2006年、最初に姉、Kayokoが「サンバダンス」と出会う。2009年、妹Yayoiもサンバダンスを始め、翌年には姉妹揃ってブラジルへサンバダンス修行へ。2012年、日本人初の姉妹パシスタ(花形ダンサー)として、ブラジルサンパウロのトップリーグチーム「Aguia de Ouro(アギア・ジ・オウロ)」より、本場のカーニバルへ出場。これを機にプロのダンサーとして始動。

2013年、歌う琉球サンバユニット「宮城姉妹」結成。第一弾シングル「オキナワンカーニバル」でCDデビュー。2014年2月、再びサンパウロのカーニバルに「Aguia de Ouro」からパシスタとして出場。チーム最高の3位入賞に貢献。そして念願の宮城姉妹ブラジルミニLIVEを果たす。シンガーとして、またブラジルサンバダンスのプロフェッショナルとして、ヴィジュアルモデルや、県内外のアーティストとジョイントLIVEも多数行う。2015年3月、第二弾シングル「チムボンボン~世界が開く時~」リリース。同年より、県内だけでなく世界での活躍が認められ故郷大宜味村より「大宜味村ふるさと観光レディ」に任命される。

2016年1月にブラジル・サントスカーニバル出演の他、ブラジルサンビセンテ市制484周年記念イベントで、念願であったサンビセンテ市民との文化交流LIVEも叶える。2017年4月、第三弾となるNEWシングル「ダンサビラ」リリース。2018年8月、ブラジル沖縄県系移民110周年では、これまでの交流や渡航でお世話になったブラジルの皆さん、ブラジルに住むウチナーンチュの皆さんにお礼返しがしたいとの思いで、自らの思いで親善大使としてブラジルへ渡り、現地の式典やお祭等に参加。サンバや歌のプレゼントを行いお祝いに華を添える。

2019年11月6日、宮城姉妹初のミニアルバム「NA・NA・NA VIDA」(ナナナヴィーダ)をリリース。年を重ねそれぞれのライフスタイルが変わっても、大好きな音楽やダンスを続ける決意を新たにする。


 

宮城姉妹 姉

宮城佳代子(KAYOKO)

 

学生時代から歌、踊りが好きで、県内放送局のオーディション企画に応募。見事ボーカルに選ばれCDデビュー、LIVE活動を経験。社会人となってからは、ヒップホップやジャスダンス、フラメンコ等、様々なダンスにも挑戦。サッカーFC琉球チアダンスチームの立ち上げメンバーとして貢献。引退後2009年沖縄のサンバダンスチーム「アンダギーニャ」発足。チームリーダーを務める。宮城姉妹では衣装デザインも担当。

 


 

宮城姉妹 妹
宮城弥生(YAYOI)

幼少の頃から、姉と共にクラシックバレエを習う。学生時代はテレビの世界のダンスに憧れヒップホップを中心に、ジャズ、ハウス等、様々なストリートダンスに挑戦。FC琉球チアダンスチームではチームリーダとして活躍。引退後、姉の誘いでサンバダンサーへ転身。サンバチームアンダギーニャのダンサーとして活動。また、テレビCMダンスの振付や、宮城姉妹では作詞を担当。県紙の情報サイトにてコラム執筆等、クリエイティブな活動も行う。